算出プロパティで条件分岐をする方法

Mac+Rails+Dockerにて開発しています。

ある宿泊先データを管理するサイトを作っています。
そこに「受入開始日」として日付を扱うカラムを設定しました。
使っているデータの都合上、ハイフン区切りでデータが入っているので、それをVueの算出プロパティを使って、スラッシュ区切りで表示出来るようにしました。

   <template #[`item.accept_date`]="{ item }">
      {{ formatDate(item.accept_date) }}
   </template>

ですが、設定項目に「未定」「即受入」を設定している関係で、start_dateカラムに一気に上の算出プロパティをかけてしまうと日本語の箇所が > NaN/aN/aNとなってしまいます。

このような場合、算出プロパティがかかる前に条件分岐をして文字か日付かを判断する必要がありそうだと思いました。

が、算出プロパティに条件を付けたところでitem全体に対してプロパティをかけている時点で意味がないだろうと考えています。

v-ifなどを使ってtemplateに条件分岐を付けようと考えましたが、v-ifの用途と持たせたい役割に相違があると感じ、断念しました。

データによって、算出プロパティを適用するかしないかを分けることは可能なのでしょうか?